株式会社北開水工コンサルタントロゴ

計測技術の開発

PIVによる階段式魚道の解析結果例

PIVによる階段式魚道の解析結果例

河川における計測技術の高度化を図る上で、ICTの活用は必要不可欠と言えます。システム開発の知識と経験を活かし、解析ツール・計測ツールの自社開発を行い、最適なソリューションを提供できるよう、日々取り組んでいます。

PIVによる階段式魚道の解析の様子

PIV解析システム

1PIVとは粒子画像流速測定法(Particle Image Velocimetry)の略称であり、ビデオ映像を解析して水面上の流況(流速・流向)解析を行う測定方法です。

独自開発したPIV解析アルゴリズムを用いて、国内最大の実験施設である千代田実験水路での破堤実験をはじめとした、多数の解析実績があります。

 

 

2PIV解析は映像を基に解析を行うため、以下の利点があります。

  • 通常では観測が困難な複雑形状の構造物内部やその周辺の流況を解析できる
  • 点、線ではなく、平面的に各箇所の流況を得ることができる
  • 直接観測が危険な箇所や洪水等についても安全に解析を行うことができる

 

 

 

モバイルマッピング(Android用電子野帳)

3

 モバイルマッピングはGPS機能を利用して地図上に現在位置を表示しつつ、情報・写真などを登録して現地調査を行うシステムです。背景図を登録することができ、航空写真や管理基平面図など状況に応じて切り替えながら表示することができます。
 本システムで調査を行うことで情報が蓄積され、登録した情報は地図上に表示され、タップすることでいつでも登録情報を表示することができます。

 

 

 

植被率分析ツール

6
画像から植被率の分析を行うツールです。

  • 観測者の主観や熟練度に頼らない、定量的な分析を行えます。
  • 作業効率を向上させます。
  • 解析条件・解析結果が画像として保存されるため、信頼度の高い算出根拠を得ることができます。

 

 

 

種子カウンター

発芽実験等に有効な種子の個数カウント・サイズ計測をサポートするツールです。実験計数から成果作成までを省力化します。

sec4-img3

 

 

 

湖沼のアオコ青潮調査システム

湖沼におけるアオコ・青潮発生状況を、気温・水温とともに記録します。

sec4-img1網走湖アオコ青潮調査システム2

担当者より

ICTの活用で河川調査を変革します

近年、PCの処理能力の向上、デジタルビデオの高画質化などを背景に、画像解析技術が目覚ましい発展を遂げています。
弊社では2006年に河川向けPIVの自社開発を開始し、その後改良を行いながら、千代田実験水路における破堤実験解析などで実績を重ねています。
PIV技術により、従来は困難だった広範囲の流況解析が可能になりました。また、安全性の向上や省力化にも大きな効果を発揮しています。
今後も最先端ICTを活用する河川の計測・調査技術の開発等に積極的に取り組みます。

技術企画部長 菊地 正彦
お問い合わせはこちら