株式会社北開水工コンサルタントロゴ

調査・計測

豊平川花魁淵 現地合同調査を実施

近年、道内河川では河床低下の進行が問題視される場面が増加して来ています。豊平川上流部でも、かつて砂礫に覆われていた河床が露岩化し河床低下が進行しています。
北海道大学工学部(水文水工学研究室:清水教授)では、岩河床変化の検討を数値計算などにより行うこととしています。このため、弊社は豊平川花魁淵地区における岩盤河床の現況地形を把握するため詳細な3次元地形計測の協力を行いました。

詳細記事はこちら

 

ADCP多層流向流速計による流況調査・モニタリング

河川の水文観測では、浮子による流量観測法が用いられていますが、連続データの蓄積、観測精度の向上といった観点からADCPを用いた河川流量観測が行われています。

iconsetPDFデータはこちら(438KB)


マルチビーム測深機を用いた水中河床計測法の紹介

MB 測深は、GPS 測位技術、音響測深技術、それらの信号制御やデータ収録・処理を迅速に行うコンピュータ技術の飛躍的な発展により、深浅測量の高精度化及び高分解能化を可能とした新しい面的測深法である。MB 測深機を用いた水中河床計測法を紹介する

iconsetPDFデータはこちら(1.33MB)


3D地上型レーザースキャナー計測の紹介

レーザースキャナーを用いることで、従来の方法では再現不可能な複雑な地形も瞬時に3次元モデルを取得でき、調査、設計、施工管理、維持管理・解析などに活用できます。

iconsetPDFデータはこちら(848KB)


 

面積格子法による河床材料調査

河床材料調査では、代表地点を選定し、表層を取り除き、その下層にある土砂を採取して粒度分析を行っている。得に礫床河川では、河床深部よりも河床表面を構成する材料の粒度分布の重要性が高まりつつある。

iconsetPDFデータはこちら(308KB)