株式会社北開水工コンサルタントロゴ

社長挨拶

森田 康志

株式会社 北開水工コンサルタント

代表取締役社長 森田 康志

 北開水工コンサルタントは、1967年、十勝川の流量観測や河川測量を行う北開水工測量として、北海道帯広の地で産声を上げました。以来50有余年、寒冷地河川の水や水に含まれる物質の観測・計測、動植物等の生物とその生息環境の調査、河川及び河川管理施設の巡視や点検と、時代のニーズに合わせて業務の範囲を拡大してきました。また、活動エリアも、十勝川をはじめとして、石狩川、天塩川等道内すべての一級河川に広がっています。
 当社のモットーは現場第一主義です。まずは現場に行き、現場を見て考えることが、最も重要なことだと考えています。当社には現場が好きな職員が揃っており、誰よりも現場を見て、知っていることを誇りにしています。この伝統は大事にしていきたいと考えています。
 ここ数年、ICT技術が急速に発展・普及し、国土交通省でもICT技術を活用した現場の生産性の向上(i-Construction)に取り組んでいます。当社では、河川巡視にタブレットを用いるシステムを自主開発して、現場作業の軽減・効率化を図るとともに、マルチビーム測深器、3Dレーザースキャナー、UAV等の計測機器を導入し、積極的に現場で活用しています。令和2年10月には、北海道開発局から、制定されたばかり(第1回)のi-Con奨励賞をいただきました。これを励みに、さらに現場で活用できる新たな技術開発に取り組んで行きたいと考えています。
 発注者とのコミュニケーションをしっかりと図り、課題を把握すること、現場に根ざし課題解決に確実につながる解答を見つけること、その過程を通じて発注者からの信頼を高めること、これらのことが当たり前にできるよう、社員一人一人が、一つ一つ愚直に仕事に取り組んでまいりますので、ご理解、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年4月