株式会社北開水工コンサルタントロゴ

先輩からのメッセージ-渡邊 秀樹

渡邊秀樹

渡邊 秀樹Hideki Watanabe

[ 所属・役職 ]
水圏調査部 河川砂防調査グループ
主幹

入社年/1994年

仕事を楽しくできる職場

仕事内容を教えてください/所属部の主な業務と担当している仕事

渡邊秀樹 仕事の様子水圏調査部 河川砂防調査Gは、水位・雨量・地下水観測所の施設の維持管理や年間の流量データを算出するため流量観測やデータの品質管理、測量調査の3次元計測、河川横断測量、ダムの堆砂測量、積雪調査などを行っています。

学生時代どのようなことに取り組んでいましたか
どのように過ごしていましたか

測量専門の学校だったので、測量知識・技術を習得するべく、ま・じ・めに取り組んでいたつもりでしたが、入社して自分の未熟さにびっくりしたのを思い出します。

入社動機と決め手となったことはどんなことですか

学校では応用測量(河川測量)に触れる程度の授業でしたが、応用測量(河川測量)を得意としている会社と知り、興味を持ちました。

これまでどのような仕事に取り組んできましたか

渡邊秀樹 仕事の様子入社当初は、下水道設計や道路の拡幅設計に伴う測量に取り組み、入社5年ころから現在まで河川測量に取り組んでいます。

もっとも印象に残った仕事を教えてください

ダムの堆砂測量業務の外業で、各支店から応援を呼び10台のハイラックスがパーキングに並んだ時、非常に連携が取れている会社だなあと実感しました。

業務(仕事)の中で、どんな時にやりがいや喜びを感じますか

渡邊秀樹 仕事の様子測量・水文調査は、直接的な結果として残る仕事ではありませんが、開発局のHPで公開している資料に自分がまとめた資料や結果が使われているのを見たとき。

私から見た北開水工コンサルタントの社風/会社・職場の雰囲気、環境は?

社員の人柄は、気さくで他部門との連携も良く、わからないことがあっても気軽に質問できる環境です。

自己研鑽のために何かしていることはありますか

渡邊秀樹 仕事の様子河川砂防調査G全体として、3DレーザーやUAVを用いた3次元計測手法や流量観測の新しい計測技術である画像処理型流速計測手法に日々研鑽している。

業務に必要なことや身に着けおくと役に立つことはなんですか

業務を円滑に遂行するには顧客とのコミュニケーションが重要となってくるので、顧客対応の積み重ねが重要です。

オフタイム/休日の過ごし方

休日は、ゆっくり過ごしてますと言いたいところですが、子供の部活や習い事で送り迎えや応援で大忙しです。

とある私の一日

8:30 出社。メールをチェックし、作業内容を確認。
9:00 メールで依頼された内容を電話で確認し、作業開始。
12:00 昼休み。
14:00 依頼された資料をメールで送信し、電話で確認。
15:00 水位観測所で異常値が確認され臨時点検を実施。
17:30 臨時点検結果を報告し、退社。