株式会社北開水工コンサルタントロゴ

先輩からのメッセージ-井上 和哉

井上和哉

井上 和哉Kazuya Inoue

[ 所属・役職 ]
網走支店 河川調査計画グループ
主任技師

入社年/2001年

答えはフィールドにあり!
仲間と観測したそのデータはプライスレス?

仕事内容を教えてください/所属部の主な業務と担当している仕事

井上和哉 仕事の様子網走支店の業務分野は幅が広く、水文観測、汽水湖の環境保全検討(湖への塩水流入と水質環境や、湖内生物の生育環境のモニタリング調査および検討)、河川測量、防災・環境学習支援等を行っています。

様々な分野の職員が配属されていて、分野にとらわれず力を合わせて業務遂行しています。私は主に水文観測に関する業務に携わっています。

学生時代どのようなことに取り組んでいましたか
どのように過ごしていましたか

高校、大学とバレーボール部に所属していました。部活動では仲間に恵まれ、バレーボールのスキルだけではなく、人とのコミュニケーションについても多く学んだように思います。大学4年では上下水道研究室にて、大学院生の指導のもと、実験実験の日々でした。実験は大変なものでしたが、忍耐力と目標達成力がそこで養われたと思っています。

入社動機と決め手となったことはどんなことですか

井上和哉 仕事の様子北開水工コンサルタントに興味を持ったのは、大学教授からの紹介がきっかけでした。
「河川専門のコンサルタント」とあって、多くの業務が「水」と密接なものばかりと知りました。研究室でも上下水道で「水」と関わっていましたが、人と水は切り離せない関係であると考え、長く続けられる仕事だと思ったことが理由です。

もっとも印象に残った仕事を教えてください

洪水時の河床波計測を目的に、十勝川の千代田実験水路で実スケール河床波の観測を行いました。小型マルチビームとADCP流速計の両機器搭載により河床形状と流速の同時観測を可能とした全長3mもある操作艇を用意し、バックホーで移動観測を行ったのは圧巻でした。

その後、多くの技術論文でこの実験結果が用いられていることから、実験スケールだけではなく、得られた成果も大きかったのだと感じています。

業務(仕事)の中で、どんな時にやりがいや喜びを感じますか

井上和哉 仕事の様子網走川の感潮域でH-ADCP(水平設置型超音波ドップラー流速分布計)による流量連続モニタリングを行っています。私は導入から観測計画、流量算出パラメータの決定、観測精度の検証、更なる精度向上検討に携わらせていただきました。新しい計測技術であり、当時は全国的にも導入事例が少ない中、流量算出まで辿り着いた時の達成感は大きかったです。

私から見た北開水工コンサルタントの社風/会社・職場の雰囲気、環境は?

業務の多くは個人プレーより、チームプレーが主体となります。そのため、チームではフォローし合う関係が築けていると思います。チーム内で意見も言いやすく、お互い意欲を高めながら働けると感じています。 また、社内に技術開発プロジェクトも進められていて、チャレンジの場も多くあると思います。

自己研鑽のために何かしていることはありますか

先述の網走川H-ADCP流量連続モニタリングでは、業務成果で得られた知見を土木学会で発表する機会をいただきました。自分の発表内容を更に理解を深めることと、プレゼンテーション能力の向上が得られると考えています。機会があれば、査読付き論文にも挑戦したいです。

業務に必要なことや身に着けおくと役に立つことはなんですか

井上和哉 仕事の様子業務成果は分野を問わずフィールド(河川)があってこそ得られるものです。 自分の目でフィールドを確認し、現地条件を把握した上で調査結果を評価することが大事だと思います。

また、得られた結果を鵜呑みにせず、疑問を持つことも技術者の成長に必要なことだと思います。思い込みによる落とし穴も意外と多いものです…。

オフタイム/休日の過ごし方

井上和哉2児のパパです。子供が通う幼稚園ではパパの会という集まりに参加しています。
会社の理解もあり、休日でなくとも、幼稚園の行事に積極的に参加できています。最近は子供の写真を撮ることにはまっています。まだまだ初心者ですので撮影テクニックを勉強しているところです。

とある私の一日

10:00 今日は定点で連続観測。夜中まで続くため、遅めのスタート。
11:00 現地で観測準備開始。安全対策も万全に。
12:00 昼食休憩。天気が悪くならないことを祈る…。
13:00 連続観測スタート。機材トラブルもなく順調な滑り出し。
14:00 以降、1時間間隔で観測を継続。あいだの時間で観測データのチェックも抜かりなく。
18:30 お弁当屋さんのカツカレーの差し入れ。みんなでカツカレーを食べて一致団結。
22:00 何事もなく連続観測終了。機材の撤収でも気が抜けません。満月の夜は意外と明るい。
0:00 帰宅後、冷えた体を湯船に浸かって温める。至福のひととき→就寝。