株式会社北開水工コンサルタントロゴ

【防災教育】「身近な川の防災学習」を実施しました~帯広市立稲田小学校

 平成30年11月21日(水)、十勝管内の帯広市立稲田小学校5年生(児童94名)を対象に理科「流れる水のはたらき」のまとめとして授業支援を実施しました。
 講師は防災環境部 松川技師のほか、帯広開発建設部治水課の小泉治水専門官にもご協力いただき、水の流れとともに変化する川の様子や、札内川の洪水前後の航空写真を比較し「浸食」と「堆積」の状況を説明。そのほか、洪水から町を守る対策を紹介しました。このほか、稲田小学校と帯広市街の高低差などを示したうえで帯広市のハザードマップを紹介。洪水時にどこへ避難すれば良いのか確認しました。
 当社では河川巡視や河川調査等に係る業務を行っており、これまでに培った技術と知識・経験をもとに、地域社会に貢献することを目的に実施しています。
 これからも、寒地河川の防災と環境に関わる業務に携わって得た知識と情報を、講習会や学習会などを通して、学校や一般市民の方々へお伝えします。
 なお、授業実施にあたって、国土交通省北海道開発局帯広開発建設部よりご協力いただきました。